五月人形を有名キャラのものにする!|キュートな人形で健康祈願!

女の人

雛人形の雛に関する事

ひなまつり

桃の節句は、女の子を主役にした日本伝統行事です。家の中に、7段式や1段式などの雛人形を飾って女の子が健やかに成長することを願う重要な儀式みたいなものです。そのために、それぞれ意味合いある五人囃子や官女、殿と姫の雛人形を飾るのです。それに、雛人形のデザインは、全国的に見ても同じ用な顔立ちをした雛人形を飾るという印象を持っていますが案外そうとは限りません。関東圏と関西圏では、雛人形のデザインが異なってくるのです。また、雛人形の利用用途に関しても地方によって異なってくるのです。
そんな雛人形は、我々は当たり前のように「雛人形:ひなにんぎょう」と呼んでいます。そこで疑問に思ったのは、なぜ雛人形と呼ぶようになったのかがいまいちわかりません。それに、雛人形の”雛”とはどういう意味なのでしょうか。それに関する説明をしていきます。
雛人形の”雛”は、元々鳥のひよこと関連付けたものでした。鳥のひよこは小さくて可愛らしい、もしくは愛らしいなどの意味で付いた名称なのです。言葉一つでも、深い意味合いが込められているのですね。
ちなみに、昔は現在のように精巧な作りをした雛人形という訳ではありません。雛人形が誕生したとされる平安時代では、紙や土を固めて作った形式のものが多かったそうです。意外と簡素なものから人形は作られていたのです。現在の形式に近くなったのは、江戸時代に突入した後のことです。当時は、現在のように桃の節句の日に7段式の雛人形を飾って女の子の成長を願っていたそうです。

Copyright© 2016 五月人形を有名キャラのものにする!|キュートな人形で健康祈願! All Rights Reserved.